杜仲茶ダイエットとは

杜仲茶ダイエット,飲み方,期間

杜仲茶ダイエットというものをご存知でしょうか。
杜仲茶にはグッタペルカという成分が含まれており、脂肪を体外に出す作用があるといいます。コレステロールの値が気になる人や、内臓脂肪を減らしたいという人には、杜仲茶ダイエットが特におすすめです。

杜仲茶ダイエットのメリット

普段使いの飲み物として、杜仲茶を使うというだけのダイエット方法です。
杜仲茶ダイエットの魅力は、どんな人でもすぐにできることや、費用がさほど高くならないことです。

 

元来、杜仲茶は漢方薬学に用いられていたお茶です。
近年では、ダイエットを目的にして杜仲茶を摂取しているという人が珍しくなくなっています。

 

脂肪やコレステロールを効果的に排出してくれる為、お通じが良くなったりします。
新陳代謝も活発になることから、肌がきれいになり、冷え症の緩和にもなります。

 

この他にも、

  • 抗老化作用
  • 抗酸化作用
  • お肌を白くする作用

などがあります。

 

脂質の排出を促すことから、肝機能がより高くなるということも言われています。
杜仲茶を飲むことで血管が広くなる性質があることから、気持ちが落ち着いたり、高血圧対策になります。

 

ダイエット効果があるだけでなく、杜仲茶は健康にも効果の高いお茶だとされていますので、ぜひ1度飲んでみてはどうでしょう。


杜仲茶ダイエットのデメリット

苦味がある

杜仲茶ダイエットのデメリットといって真っ先にあげられるのが苦味です。
杜仲茶を飲みたいけれど、苦みが好きではない人も大勢います。
杜仲茶に苦みがあるから、継続的な摂取が難しいと感じている人は、意外と大勢いると言われているようです。
杜仲茶を苦みを避けたいという人は、麦茶やはと麦茶など苦みの少ないお茶で割ってから飲むといいでしょう。

 

頻尿になる

この他、杜仲茶ダイエットをする時の注意点としては、杜仲茶を飲んでいると尿の出が頻繁になるというものがあります。
外での仕事が多い人は、出先にトイレが見つからずに、立ち往生してしまうということがあるようです。

 

粗悪品には注意

杜仲茶ダイエットに限らず、ダイエット茶のメーカーの中には粗悪品を売っている所もあるようです。
品質を確認してから、お茶を買うようにする必要があります。
杜仲茶は、質か悪いものほど苦い味がして、おいしく飲めないと言われています。
口コミ情報や、ランキングサイトの内容を確認して、できるだけ質のいいダイエットドリンクを使うようにしましょう。

 

腎臓疾患の人には向かない

ダイエットに杜仲茶がいいのは、杜仲茶はカフェインがないお茶であることです。
また、過剰摂取による副作用が報告されていないことなどで、心置きなくダイエットドリンクに使えます。
ただし、杜仲茶にはカリウムが豊富に含まれています。
カリウムの摂取量を抑えなければいけない腎臓疾患の人などは、杜仲茶ダイエットをしづらいかもしりません。

杜仲茶のダイエットをする方法

杜仲茶ダイエットをする為には、まずは品質の良い杜仲茶を購入することが大切です。
口コミサイトや、ランキング情報を確認して、信頼性の高い杜仲茶を選んでダイエットに使うようにしましょう。
様々な杜仲茶が販売されていますので、個々の情報を確認して、最も使いやすそうな商品を選択することが、長続きのポイントです。

作り方と飲み方

杜仲茶をつくる時は、ティーバックをお湯に入れ、煮出すタイプが一般的です。
毎日1リットルずつの杜仲茶を飲むことができれば、ダイエットの効果を実感できるようになるでしょう。

 

かといって、大量の杜仲茶を一気に飲むことはまず無理ですので、1日の中で小分けにして摂取する習慣をつけることがポイントです。
外出の時でも水筒に入れて、いつでも飲めるようにしておけば、飲めない量ではないので、誰でも簡単にできる方法です。

 

杜仲茶ダイエットは、すぐに効果が現れるものではありません。
何カ月かは飲み続けることで体重の変化を実感することができるでしょう。

 

ダイエットの効果を高める為に

杜仲茶の苦みが好きになれないからと、ジュースで割るという人もいるといいます。
しかし、ジュースは高カロリーの飲料ですので、ダイエットのために杜仲茶を飲むのであればノンカロリーのものを使いましょう。

 

杜仲茶を飲んでダイエットをしているから、食事の量が多くても大丈夫ということはありませんので要注意です。
杜仲茶でのダイエットをしている時には、食事の量を減らし過ぎなくてもいいですが、
たくさん食べないように心がけたり、運動の習慣を組み込むことが、ダイエットにいい影響をもたらします。

杜仲茶ダイエットでの飲み方や飲む期間

杜仲茶ダイエット,飲み方,期間

杜仲茶ダイエットとは、普段飲んでいるお茶や水などを杜仲茶に置き換えて、ダイエットに有効な成分を摂取するという方法です。
市販のティーバッグを利用して淹れる場合は、ダイエットの効果が得られるように、
1リットルの水に対して1パックが目安で、10~15分くらい色濃く煮出すのがポイントです。

 

杜仲茶の飲み方
  • 温かいままか冷やした杜仲茶を、1日にコップ5杯分くらいを必ず飲むようにします。
  • 温かいまま飲んで苦みを感じる時は、冷やすと飲みやすくなる場合があります。
  • 他のお茶とブレンドしたり、適量のハチミツで甘みを加えると美味しく飲むことができます。

 

杜仲茶には摂取した油をすぐに分解する働きがあるので、その効果を得るためには食事中に飲むのが理想的です。

 

杜仲茶ダイエットは、長い期間続けることで効果を感じることができると言われています。
少なくとも半年間は続けてみましょう
気長に続けるためには、1度に多めのお茶を作って、ペットボトルなどに入れて冷蔵庫で保存するのがポイントです。

 

 

杜仲茶ダイエットの副作用と注意点とは?

杜仲茶ダイエット,飲み方,期間

杜仲茶は高脂血症や高血圧、高血糖などに効き目があります。

これらの症状はメタボの代表的な症状です。

 

利尿作用を促す成分も含まれており、体内の老廃物を出す手助けをしてくれます。
便秘などの症状で悩んでいる人にもおすすめです。

 

さらに杜仲茶には内臓脂肪を減らす働きもあることから、ダイエット茶としても人気が高いのです。

 

杜仲茶ダイエットをするにあたっての副作用注意点ですが、腎臓が弱い人の飲用には注意が必要です。
杜仲茶の中にはカリウムが含まれています。
このカリウムは体内の老廃物を体外へ出す働きをもっているのですが、腎臓が弱っていると排出がスムーズにいかない場合があります。
するとカリウムは体内に蓄積されてしまいやすくなり、高カリウム血症になる可能性があります。

 

腎臓が弱い人などは、一日の摂取量を守ることや、大量に摂取しないことなど注意が必要です。
重大な副作用などはありませんが、個人差があるので一度に大量に飲むことはやめましょう

杜仲茶ダイエットは自律神経を整える効果がある

杜仲茶ダイエット,飲み方,期間

杜仲茶ダイエットは簡単にできる方法で、悪玉コレステロール値を下げることもできます。

 

杜仲茶には、マグネシウムや鉄、カルシウム、亜鉛、カリウムといったミネラル分が豊富で、ノンカフェインです。利尿作用やデトックス効果もあり、むくみを解消するほか、杜仲茶に含まれるゲニポシド酸が副交感神経に作用するため、血管を拡張し、自律神経を整えてくれます。

 

そのため精神面でもリラックスすることができ、女性に多い冷え性なども改善することができます。

 

 

ダイエットを行うと、食べ物を制限したりすることからイライラすることが多いです。イライラした結果ダイエットを行う前よりも体重が増えてしまい、さらにストレスが溜まってしまうこともあります。

 

 

杜仲茶ダイエットの場合、ストレスを軽減する効果もあるので、落ち着いた気持ちの中ダイエットを行うことができます。飲み過ぎてしまうと下痢をするなど胃腸に症状が出ることがあります。飲んだからといって効果が大きいわけではないので、適量を飲むようにします。

[杜仲茶ダイエットの効果検証]関連情報